民法なエブリディ 遺言

 【登場人物】
 白居土家の人々:
お母さん
お兄さん
まや
【物語】

白居土家のお父さんの初七日が過ぎ、お母さんが
1通の手紙を出してきた。

母:これがお父さんの遺言書よ。

まや:すごい!父さん、字が書けたんだ。

兄:俺が、口にペンをくわえて書くように教えたのさ。
ほら、ここに涎の跡がある。

母:それより、遺言がね、「俺の財産は、やわらかパンク
財団に全額寄付する」って書いてあるのよ。
人にはおトクなことやっておいて、私達には
残さないなんて。

まや:ねぇ、ちょっと待って。
遺言書の日付が「平成13年10月吉日」になってるわ。

兄:ヤベっ。
日にちの書き方を教えるの忘れてた。

まや:これじゃあ、遺言書は無効じゃない 

【問題】
日付を「平成13年10月吉日」と記載した自筆遺言証書は無効である。(H5-32、H13-30)

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

【正解】 「○」  

母:日付を自書しても、「平成13年10月吉日」という 記載だと無効になるんですね。

さくら:自筆遺言証書については、遺言能力の有無や 遺言の前後を確定するために日付を自書しなければなりません(968条1項)。
    しかし、「吉日」では、暦上の特定の日を 表示するものとはいえず、日付の記載を欠く 遺言として無効となります(最判S54.5.31)。

母:お父さんは、張り切って遺言書を作ったでしょうに。

さくら:たとえば「60回目の誕生日の日に」とか、 「銀婚式の日に」というように、作成した日を特定できる記載ならよかったのですが。。。

まや:ということで、遺言書は無効だから、遺言を 無視していいってことよね。

兄:やったぁ! 俺たちで遺産を分けようぜ。

(お父さんの声) 「お前にはまだ早い!」

母:じゃあ、お父さんの遺産は私がもらうわ。

まや:私にもちょっとだけ。

兄:それなら俺にも半分寄こせよ!

(お父さんの声) 「今日はここまで!!」

 

【条文】
(自筆証書遺言)
第968条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

 

講義もソフトも無料でお試しいただけます!

ネット講義


※ネット講義お申込み手順はこちら
 

SLEソフトの請求





※SLEソフトはWindowsのみ対応(MacPCでもBoot Campの利用で可能な場合があります)
※講義(動画配信)は、Windows、MacOS、iPhone対応
※ダウンロードからのインストールが困難な方は、CD-ROMをご請求ください。