行政書士試験の概要

受験資格:年齢、学歴、国籍等に関係なくだれでも受験可

試験日時:毎年11月第2日曜日

試験時間:午後1時~午後4時

試験科目・試験方法:

 試験科目 内容   方法等
行政書士の業務に関し必要な法令等 憲法
行政法
(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)
民法
商法
基礎法学
※試験実施年度における4月1日現在施行法令
46題 択一式(1問4点)
多肢選択式(1問8点)
(憲法1問、行政法2問)
記述式(1問20点)
(行政法1問、民法2問)
 行政書士の業務に関連する一般知識等  政治・経済・社会
情報通信・個人情報保護
文章理解
 14題  択一式(1問4点)

受験手数料:7,000円

試験地・試験場所 全国各地の試験会場

※試験会場は、全国どこの都道府県でも任意に選択して受験することができます。
  かつて受講生の中に、どうせならと温泉地で受験した方もいました。
 ※申し込み順で定員を超えると別会場に回されてしまいます。
  希望会場で受験するためにも、早めに申し込みましょう。
 ※願書提出後は、受験者側の都合で試験会場を変更することが一切認められません。

受験願書・試験案内の配布:8月上旬~9月上旬

受験申込受付期間 8月上旬~9上旬

申込方法 郵送及びインターネット

合格発表:1月の第5週に属する日

講義もソフトも無料でお試しいただけます!

ネット講義


※ネット講義お申込み手順はこちら

 

SLEソフトの請求





※SLEソフトはWindowsのみ対応(MacPCでもBoot Campの利用で可能な場合があります)
※講義(動画配信)は、Windows、MacOS、iPhone対応
※ダウンロードからのインストールが困難な方は、CD-ROMをご請求ください。