本試験を終えての雑感

試験講評など、一通りの動画の収録を終えて思うことは、当たり前ですが正攻法の勉強が大事だなということです。

もちろん資格試験なので、それなりにテクニックも必要ですが、それはもうあと一歩というところでのお話。

そもそも基礎的なことを正確に理解すること。こういう当たり前のようなことを当たり前にやっていくことだと思います。

ところが、試験直前になればなるほど、詰め込みに走ってしまいがちです。

そうすると、本試験で変わった問題形式で出題されたり、問題の切り口が違ったりすると、頭が混乱して解けるはずと思っていたのに、解けなくなってしまう。

そして、自分の中では勉強して解けるはずだと思っているため、解けなかった原因は試験に対応するためのテクニックが足りないと結論づけてしまうこともあるわけです。

しかし、声を大にして申し上げたいのは、暗記ではなく、具体的に正確に理解することだということです。
抽象的な条文も、実際にどういう場面でどのように使われているのか、具体的なイメージをもつこと、そういうことを普段からやっていくことが必要です。

そのように理解に厚みをもたせておけば、本試験の中で、一瞬、思い出せなくなったり、迷ったときでも、頭を働かせて切り抜けていくことができます。

近時、現場思考型の問題も増えているだけに、理解がものをいう試験になってきています。

問題をガンガン解いて、暗記するというだけでは合格基準点を越えるのは厳しいですし、とても記憶できる量ではありません。

もうやったことと済まさずに、基本に立ち返ってみてましょう。

 

 

SLEソフトとネット講義を無料でお試しいただけます!




※SLEソフトはWindowsのみ対応(MacPCでもBoot Campの利用で可能な場合があります)
※講義(動画配信)は、Windows、MacOS、iPhone対応
※ダウンロードからのインストールが困難な方は、CD-ROMをご請求ください。