平成29年度行政書士試験講評ー多肢選択式

●全体 ●基礎法学 ●憲法 ●行政法 ●民法 ●商法 ●多肢選択式 ●記述式 ●一般知識等 

●平成29年度行政書士試験講評と今後の合格戦略(動画)>>

平成29年度行政書士試験解答速報>>

■多肢選択式

問題41と問題43は最高裁判例の補足意見が素材になっています。では、この補足意見を勉強しておくべきなのかというと、答えはノー。出題者側は、現場で解く力を試そうと出題している問題だと思います。

ただ、補足意見そのものは知らなくても、そこでのテーマについてどのようなことが問題になっているのかという一般的な理解は必要です。そういう意味でも、とにかく暗記しようではなく、何が議論になっているのか、議論にあたってどういう要素が問題になるのかということを踏まえながら、理解する勉強を大切にしていただきたいと思います。

問題42は、文章量に対して空欄が多い分、テクニックが必要です。空欄を頭から順番に埋めようとしないこと。わからなくても一旦は最後まで読んでみて、そこからフィードバックして、入り易い空欄から埋めていく。こういう練習をやっていたかどうか、だと思います。

Top

講義もソフトも無料でお試しいただけます!

ネット講義


※ネット講義お申込み手順はこちら
 

SLEソフトの請求





※SLEソフトはWindowsのみ対応(MacPCでもBoot Campの利用で可能な場合があります)
※講義(動画配信)は、Windows、MacOS、iPhone対応
※ダウンロードからのインストールが困難な方は、CD-ROMをご請求ください。