平成29年度行政書士試験講評ー民法

●全体 ●基礎法学 ●憲法 ●行政法 ●民法 ●商法 ●多肢選択式 ●記述式 ●一般知識等 

●平成29年度行政書士試験講評と今後の合格戦略(動画)>>

平成29年度行政書士試験解答速報>>

■民法

問題27は社団と組合の問題。比較的マイナーなところですが、平成26年度に同様の問題が出題されたばかりで、かつ、組合せ問題なので、やっていれば解けたかなというところです。

解きやすい問題なのは問題30ぐらいで、あと問題29も組合せ問題なので正解できるかなというところ。問題32は過去問もあるので正解したい問題です。

問題28、31、33、34と見ていくと、民法で安定的に点数を獲れるようになるには、相当程度勉強が必要だというのがよくわかります。

問題35になると、肢1と肢2までは絞れたけれど・・・、という方が多かったのではないでしょうか。

択一は総じて相当程度の知識のレベルが要求されています。これに対し、後で述べるように記述式は基本問題です。基本をしっかり身につければ、民法全体としてはそれなりに得点できるようになっています。すべての年度がそうだと言いきれるものではありませんが、記述式で書く内容の方が基本的であることが多いです。ここは1つポイントになります。

Top

講義もソフトも無料でお試しいただけます!

ネット講義


※ネット講義お申込み手順はこちら
 

SLEソフトの請求





※SLEソフトはWindowsのみ対応(MacPCでもBoot Campの利用で可能な場合があります)
※講義(動画配信)は、Windows、MacOS、iPhone対応
※ダウンロードからのインストールが困難な方は、CD-ROMをご請求ください。