お役立ち情報

HOME > お役立ち情報 > 合格への道しるべ

合格への道しるべ 行政書士試験講評 合格体験記  合格ゼミ

行政書士試験・合格への道しるべ

たまには講師らしく(?)  (2013.12.1up)

行政書士の講師のブログを一覧できるサイトがあり、 いつの間にか、このブログも更新すると、
そちらに ブログのタイトルが反映されるようになっていました。

他の講師の方のタイトルを一瞥すると、「来年の合格に 向けて」とか、とにもかくにも、ちゃんと
しています。

あ〜やってもうた」なんてタイトルで書いているのは、 私ぐらいで、そこだけ異彩ビーム炸裂!
もう笑っちゃいました。

ということで、たまには「講師」らしく(!?)、 的中!とか、ズバリ的中!とかやっておきます。

こちら(↓)、ベリースのSLEソフトの画面です。

平成25年度問題45

平成25年度問題4502

あわせ技一本ということにはなりますが、出そうなところは ちゃんとフォローしてあります。

えっ、問われた要件は、「本人の追認を得ることができなかった」 であって、「善意無過失」などでは
ないって!?

ま、その通りなんですけどね。

しかし、考えてみてください。

講評でも少し触れましたが無権代理人の責任を追及したい という場合、「本人の追認を 得ることが
できなかった」という要件は、無権代理人の相手方にとって、あまり問題に ならないんですよね。。。
(代理人と称して契約した者にとっては、責任を負うか否かにかかわる重要な要件ですが)


なぜって、「本人の追認を得ることができなかった」という要件を 欠いても、相手方は、全く、困らないですから。

つまり、この場合は、「本人の追認を得ることができた」わけですから、 遡及的に有権代理だったことになり
(116条)、相手方としては、 当初、求めていた契約による効果を得られて、万々歳。

「本人の追認を得ることができなかった」という要件を欠く →無権代理人の責任を追及できない→
困った、 とはなりません。

ということで、善意無過失や、無権代理人が行為能力を 有することを問う問題にしていました。

以上、たまには講師らしく(?)でした(笑)。

 

●明治大学リバティアカデミー行政書士講座ガイダンス日程
・12月10日(火) 19:00〜20:00(駿河台キャンパス)   
・12月17日(火) 18:00〜19:00(和泉キャンパス)
・1月28日(火) 19:00〜20:00(駿河台キャンパス)
※ガイダンスはどなたでも参加できます。(無料・予約不要)  
※会場は、駿河台キャンパスはアカデミーコモン11階
和泉キャンパスは明治大学リバティアカデミーのサイトで御確認ください。

↓通わずにやりたい方はこちら↓↓↓

行政書士合格集中講座   ワンポイント講義(無料)

ネット講義を視聴してみるユーザ登録
 画面左にある『ネット講義・ユーザ登録』の下にある『ユーザー登録』をクリックし、
 画面の案内に従ってお手続ください。
 実際の講義の一部を無料で体験していただけます。

SLEソフトを試してみる 
 こちらからSLEソフトをご請求ください。 実際のソフトの一部を無料でお試し
 いただけます。