お役立ち情報

HOME > お役立ち情報 > 合格への道しるべ >複数の科目を並行する

合格への道しるべ 行政書士試験講評 合格体験記  合格ゼミ

行政書士試験・合格への道しるべ

複数の科目を並行する (2013.7.29up)

バタバタも度が過ぎて、このところ少々グロッキー。

暑いし、あんまり食欲ないし、あっさりと盛りそばがいいと、 小諸そばに入りました。

が、盛りそば230円に60円プラスすると二枚盛りに なるんですねぇ。
たった60円で2倍になる魅力に勝てず、二枚盛りを いただきました。ぐふっ。

まあ、こんなことで気を紛らわすしかないのですが、 なぜ大変かというと、講義は行政法、ゼミは民法、
ネット講義の収録は会社法、司法試験講座の準備は憲法、 もう科目がバラバラですねん!!

正直、私は1つのことに集中したいタイプで、 並行して複数の科目をやるのはあまり好きでは
ありません。

なんか、科目が変わるたびに脳みそが ズズズーと動かされる感じすらします。。。

で・す・が、

受験を考えると、並行して複数の科目を やった方が絶対にいいです。 というか、意識的に並行して複数の科目をやっていくべきだと 思います。

言わずもがな、試験当日は、全科目を受験するわけですから。 単一の科目ばっかりやっていると、他の科目に移ったときに 全然、覚えてなかった…で、もう一遍やり直すハメに なりかねません。

とはいうものの、複数の科目をやるというのは、 負荷がも高いので、そこは工夫していきましょう。

メインの科目プラスちょこちょこ復習する科目を 組み合わせてみるのがお勧めです。

復習する科目については、あまり負荷をかけない。
ちょろっと条文を見直すとか、そんな感じでもいいと 思います。

たとえばメインを地方自治法にしたら、サブを 憲法の統治にすると、地方自治法を勉強しつつ
憲法の条文見て、比較していくと効率よく理解できますね。

あるいは、民法がメインなら、商法総則をサブでチェック していくとか。

少しずつ並行していく科目を増やしていきましょう♪


行政書士合格集中講座   ワンポイント講義(無料)

ネット講義を視聴してみるユーザ登録
 画面左にある『ネット講義・ユーザ登録』の下にある『ユーザー登録』をクリックし、
 画面の案内に従ってお手続ください。
 実際の講義の一部を無料で体験していただけます。

SLEソフトを試してみる 
 こちらからSLEソフトをご請求ください。 実際のソフトの一部を無料でお試し
 いただけます。