お役立ち情報

HOME > お役立ち情報 > 合格への道しるべ > 成年被後見人に選挙権〜公職選挙法改正

合格への道しるべ 行政書士試験講評 合格体験記  合格ゼミ

行政書士試験・合格への道しるべ

成年被後見人に選挙権〜公職選挙法改正 (2013.5.30up)

成年被後見人については、これまで当然に選挙権・被選挙権が 剥奪されていましたが、
5月27日に公職選挙法が改正され、 成年被後見人も選挙権及び被選挙権を有することになりました。

今回の改正の契機となったのが3月14日の東京地裁 判決です。

ここで、成年被後見人に選挙権を付与しないとした 公職選挙法は憲法違反だ断じられてから、
改正まで 実に早かった。

判決をつまみ食いしてみると…

・議院を選挙によって選定する国民の権利は、 国民の国政への参加の機会を保障する基本的権利として、
 議会制民主主義の根幹を成すものであり、 一定の年齢に達した国民のすべてに平等に与えられる
 べきものである。
     ↓
・憲法の諸規定(前文、1条、43条1項、15条1項、3項、 44条但書など)に鑑みれば、国民の選挙権
 またはその行使を 制限することは原則として許されず、制限するには 「やむを得ない」と認められる事由、
 すなわち、 そのような制限をすることなしには選挙の公正を確保しつつ 選挙を行うことが事実上不能
 ないし著しく困難であると 認められる場合に限られる。
 (…ここまでは在外邦人の選挙権に関する最高裁と同じ)
     ↓
・後見開始の審判の際に判断される能力は、「自己の財産を 管理・処分する能力」の有無であり、
 選挙権を行使するに 足る能力とは明らかに異なる。
 (ニュースによると、原告の方は親族がより保護できる ようにということで、成年後見審判を受けた
 という 事情があったようです)
     ↓
・様々なハンディキャップを負う国民も、本来、我が国の 主権者として自己統治を行う主体である。
     ↓
・成年後見制度は、自己決定の尊重、残存能力の活用及び ノーマライゼーション(障害のある人も
 通常の生活を できるような社会を作る)という理念に基づいて設けられた ものであることからすると、
 選挙権を行使するに足る能力を 有する成年後見人から選挙権を奪うことは、成年後見制度の 趣旨に
 反するとともに、国際的な潮流にも反する。
     ↓
公職選挙法は違憲!

これを受けて今回、成年被後見人に選挙権を付与しないとした 規定を削除したわけです。

その上で、「心身の故障その他の事由により自ら公職の候補者の 氏名等を記載することができない者」
について代理投票させることができるとしました。

ここで問題となるのが不正選挙の防止です。
一昔前、特別養護老人ホームの入所者の不在者投票・代理投票を 不正に利用された事件
がありましたね。。。     ↓

今回の改正では、代理投票における補助者は、投票管理者が 「投票所の事務に従事する
者のうちから」定めるものとし、 不在者投票管理者は、市町村の選挙管理委員会が選定した者を
投票に立ち会わせることなどによって、不在者投票の公正な 実施の確保について努めなければ
ならないと規定しています。

公職選挙法は、総務省の所轄ということで、一般知識対策としても 押えておきたいところです♪

 
行政書士合格集中講座   ワンポイント講義(無料)

ネット講義を視聴してみるユーザ登録
 画面左にある『ネット講義・ユーザ登録』の下にある『ユーザー登録』をクリックし、
 画面の案内に従ってお手続ください。
 実際の講義の一部を無料で体験していただけます。

SLEソフトを試してみる 
 こちらからSLEソフトをご請求ください。 実際のソフトの一部を無料でお試し
 いただけます。