講師紹介

弁護士 遠藤 輝好

中央大学ロースクールなどで指導している実力派講師。

常に基本に忠実に、骨太な論理展開で処理できる能力は、他の追随を許しません。

司法試験で求められる”基本”を叩きこみ、合格させた受験生は多数に上る。

講義を通じて、本試験で求められているものを是非体得してください。

【略歴】
慶応義塾大学法学部法律学科卒業
慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程(公法学専攻)修了
中央大学法科大学院修了
2008年 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2016年 遠藤輝好法律事務所開設

【現在】
東京三会公益通報者保護協議会委員
防衛省ヘルプライン
防衛装備庁ヘルプライン
中央大学法科大学院講師
中央大学ビジネススクール講師
中央大学法学部講師
専修大学エクステンションセンター講師
JSPS科研費15K03220研究協力者
太陽ホールディングス株式会社(東証一部)社外監査役

【最近の論文、講演等】
・「企業価値向上型コンプライアンス―企業不祥事謝罪対応―」(共著、『中央ロー・ジャーナル第12巻第3号』2015年)
・「企業価値向上型コンプライアンス―花王の挑戦―」(編集担当『中央ロー・ジャーナル第13巻第2号』2016年)
・「企業価値向上型コンプライアンス―内部通報制度のデザインチェンジ論―」(共著『法学新報第123巻第11・12号』2017年)
・「企業価値向上型コンプライアンス―「密告」型から「対話」型へ、内部通報制度のデザインチェンジ―」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/research/20170413.html
・防衛省防衛研究所にてハラスメント防止に関する講演(2016年、2017年)
・シンポジウム「コンプライアンス経営の現状と公益通報者保護法の改正動向―内部通報制度の戦略的運営とその限界―」(東京三会)パネリスト(2017年)、
ほか講演・セミナー多数